国内初の“コスモスオーガニック認証”ヘアケアブランド「オリエンステラ」体験会レポート

ラウンジ

7月25日(木)に開催された「オリエンステラ」体験会の様子をご紹介します。

東洋人の髪質を考え日本で誕生したオリエンタルオーガニックヘアケアプロダクツ『オリエンステラ』。世界中の厳選した素材にこだわり、環境や人に優しい“エシカルビューティー”をコンセプトとしています。
また、ブランドを代表するオーガニックシリーズ「gemma(ジェンマ)」は、日本で初めてコスモスオーガニック認証を取得。女性誌をはじめ、各方面から注目を集めています。

体験会当日は、一般社団法人エシカルビューティー協会代表・エシカルビューティー株式会社代表取締役の佐藤公祥社長をお迎えし、「髪の洗い方のレクチャー」や「ジェンマシリーズのご紹介」、「エシカルビューティーについて」など、キレイに対する意識を高めることができるさまざまなお話を伺いました。

「髪の洗い方」の重要性を知る

美しい髪を保つためには、サロンのケアだけではなく毎日のホームケアが大切です。でもその洗い方は正しくおこなえているでしょうか?

美容師でもある佐藤社長は「まず、髪を洗う際には濡らす時間(シャンプーをつけるまでの時間)が重要です。髪のキューティクルが開くまで水を含ませないと、泡で汚れが取れないんです」と語ります。また、その日のスタイリング剤にあわせてシャンプーの洗浄力の強さを使い分けるのもヘアケアのテクニックだそう。

ここで具体的な洗い方をご紹介。手になじませたシャンプーを指のほうに重めにつけ、耳の後ろから指を通して重なるようにし、手のひらで頭皮を揉み込むように頭頂部まで動かします。頭頂部まで動かしたら、同じ動きで後頭部まで動かします。

せっかくキレイに洗っても、しばらくターバンなどを巻いて濡れたままにしておくと、湿度が高い状態が続いて菌が繁殖しやすくなり毛穴から皮脂が出やすくなってしまいます。暑い時期でもドライヤーを使うのを心がけて。正しく髪を洗う、タオルドライをしてしっかり乾かす、1日に2回洗わないなど皮脂を取りすぎないように心がけるなど、ヘアケアの基本を見直したいですね。

新しい“洗う習慣”を取り入れよう

あなたは自分の髪の毛のことをどれぐらい知ってますか? 髪の太さ・細さ、傷みの状態など自己判断でヘアケアを選んでいませんか。佐藤社長いわく「自分では髪が多いと思っていても、毛根が立っていて多く感じるだけだったりもするんですよ」とのこと。

当日はマイクロスコープも用意され、実際に自分の頭皮状態がどうなっているかチェックしていただく時間も。ほとんどの人が頭頂部の毛穴はキレイで、耳の後ろあたりの毛穴に皮脂や角栓が詰まっていることが多いそう。毛穴に皮脂が埋まっていると蓋がされてしまい、結果ニオイの原因に。

そして、みなさんの“髪を洗う習慣”を変えてほしいと紹介されたのが、8月1日に新発売されたシャンプー用ブラシ「オリエンステラ スカルプクリーンブラシ」です。しっかりと濡らした髪にシャンプーを泡立て、全体的に泡立ちが良くなったところでブラッシングシャンプー。この新しいヘアケア習慣のためのツールを使えば、自宅ではなかなかできない頭皮ケアもおこなえます。毛穴の角栓を取ることで、頭皮のニオイも解消。さらに寝癖がつきづらくなったり、髪が軽く感じるなどのうれしい効果が!

◇オリエンステラ スカルプクリーンブラシ 2,980円(税抜)

日本初コスモスオーガニック認証取得
ジェンマシリーズの魅力に迫る

日本で初めて「コスモスオーガニック認証」を取得したオリエンステラの代表的なオーガニックシリーズが「Gemma(ジェンマ)」です。化粧品を認証しているオーガニック団体は日本にはないため、ジェンマはヨーロッパの統一基準である「コスモスオーガニック認証」を取得。毎年工場や販売会社に対して検査がある、ナノ化している成分は使用しないなど厳しい基準が設けられています。

ジェンマは“木の芽”を意味し、ジェンマシリーズには生命力が強いヨーロッパブナの芽からとれるエキスを配合しています。
植物の中でも成長細胞が一番詰まっているのが芽であり、その抗酸化力に着目したジェモセラピーという自然療法にも活用されているんだとか。

「ジェンマ オーガニックシャンプー W」は女性向けに処方されており、やさしい泡で頭皮と髪にうるおいとハリを与えます。
髪も身体も洗える全身用の「ジェンマ オーガニックヘアー&ボディソープ M」は男性向けとして展開されていますが、参加者の方からは「爽やかなシトラスの香りが好き!」という声が。
「ジェンマ オーガニックコンディショナー」には天然のシリコンと言われるブロッコリー種子油を配合。
その原材料の98%は天然由来、20%はオーガニック原料。まさに正真正銘のオーガニックシリーズです。

人や環境に配慮した美の追求
それが“エシカルビューティー”

「美容を通じてエシカルビューティーを知ってほしい。これがオリエンステラからのメッセージです」と佐藤社長。
美容業界にエシカルを広げられるのはなんだろうと考え、シャンプーに着目。そこからオリエンステラはスタートしました。

ここ数年、エコロジー、リサイクル、サスティナブル、フェアトレード、ロハス、アップサイクル、サーキュラーエコノミーといった環境問題に関するキーワードを耳にする機会が増えましたが「エシカル」の正しい意味をご存知でしょうか。

「エシカル」“人や環境、社会に配慮する”ということ。
たとえばシャンプーをエシカルな視点でとらえてみると「安心して使える」「肌にとって優しい」「効果を感じる」などのキレイに対する要望に加えて、その製品を使うことで人や環境、社会への貢献につながるようなものを手に取りたいですよね。
自分も自然も他人も…誰にも負担にならない、人や環境に配慮した美の追求。それが「エシカルビューティー」の考え方です。

オリエンステラではリサイクル可能な容器を使用したり、途上国の女性たちを支援する国際NGO「プランインターナショナル」への寄付をおこなっています。毎日使うシャンプーでエシカルな活動ができるオリエンステラのアイテムは、現代社会を生きるわたしたちのヘアケア習慣をさまざまな意味で変えてくれることでしょう。

【オリエンステラ公式サイト】
http://orienstella.jp/

COSME LOUNGE Official

by COSME LOUNGE Official

コスメラウンジが開催するラウンジ(体感会、新製品発表会、プレス発表会、イベント等)や新製品情報などのレポートをお届けします。